この記事の所要時間: 35

メールの返信がなくてもキレずに冷静な対応を!

いつも私のブログをご覧いただき感謝いたします!

フェイスブックページでも、
価値ある情報を提供していますので、
宜しければ「いいね」をクリックしてくださいね^^



勇気を出してお問い合わせフォームから、
質問のメールを送信して、
ドキドキしながら返信を待っていたら・・・


ぜんぜん返信がないじゃないかヾ(`◇´)ノ彡


なにが「48時間以内に返信します」だよ!!
嘘ばっかり書きやがって!!
ふざけんなーーー!!!


って、なったことありませんか?


私は自分がなったことはありませんが。。

以前、私に質問メールをくれた方から、
超激怒のクレームをいただいたことがあります。。



質問のメールをしたのに無視するな!!
ブログでは良いことばかり書いているのに!
結局、お前も詐欺師と同じかよ!
もう二度とブログに訪問しないからな!!




って、これ大袈裟でも何でもなく実話です( ̄Д ̄;;
このメールもらったとき、マジでショックでした。。


では、なぜ私が、この方の質問を無視したのか?

正解は・・・

私はちゃんと返信していたのです。

無視なんてするはずありません!!


でも、相手には私のメールが届いていなかった。

その理由は至って簡単です。


最初の質問メールを送信されたときに、
ご自分のメールアドレスを間違って入力していた


ということでしたΣ(|||▽||| )


なぜ、それが発覚したかというと。

私が返信メールを送信したあと、
すぐに私のメールボックスに、

Mail Delivery Subsystem

って件名のメールが届いたんですよ。


そもそもこのメールは、
送信したメールが無事に届かなかったため、
システムから自動的に送られているものです。


これじゃいくら私が気合い入れて返信しても、

届くはずないじゃん!!


しかも正しいメールアドレスが分からない以上、
メールアドレスが間違っていることを伝えられない。

つまり何もできないというわけです・・・


その結果、待っても待っても
私からの返信がないことに怒りまくった相手から、
あのようなメールが送られてきてしまった。


ただ、不幸中の幸いにも、
このクレームメールを送ってきたときのアドレスが、
ようやく本来の正しいアドレスだったので。

私もメールで事情をお伝えして、
そのあと相手から謝罪のメールをいただきました(笑




ただ、キレる相手の気持ちも分かります。

だって質問メールを送ることは、
よほどの勇気が必要だと思いますから。


でも、キレちゃう前に、
ちょっとだけ冷静に考えてみるだけで、
お互いに嫌な思いをすることがありません。


自分は大丈夫だと思っても、
お問い合わせメールをするときは、
しっかりアドレスのスペルを確認しましょう。


本当にクレームのメールは怖いので(涙


最後までお読みいただきありがとうございました!


ランキングにも参加しているので、
この記事が少しでもお役に立ちましたら、
応援していただけると今まで以上に頑張れます^^

人気ブログランキング


【話題沸騰】挫折と無縁の無期限塾!
サクセスアフィリ塾


【完全無料】話題沸騰の史上最強の初心者向け企画!
アフィリエイト初心者のための覚醒メールセミナーNEO


分からないことは今すぐに解決してください!
ネットビジネスで分からないことをナオトに質問する